昨日、外出したついでに、そろそろ我が家にも光ファイバーを入れようかと家電量販店に行き「どれがいいのかなぁ?」と見ていた。

僕が欲しいのは、

1・ネットがハイスピードでできる。
2・工事費などすべて踏まえて、なるべく格安なもの。

以上である。

スピードは光ならば、まず間違いなく今使っている回線よりは早いだろうからそれでいい。
問題は値段だ。

店員に値段を聞いてみようと思い声をかけた。

「すみません、光にしたいんですけど、ネットTVとか余計なサービスは入りません。ネットだけ使えればいいので工事費とかキャンペーン費とか全部でいくらかかるのか教えてもらえますか?もしキャンペーン期間だけ安いとかの場合は、キャンペーン期間中とキャンペーン期間後の値段を教えてください。あと他の会社とも比べたいので今契約している会社のプランも全部見せてください」

と尋ねた。

僕は「普段はいくらだけど、キャンペーン期間中はこれだけ安くなります」みたいなセールストークは嫌いだ。いつも「結局これを使うのにいくらなの?」、って思ってしまう。あと料金プランの下に小さな文字で「2年間以内に契約を解除した場合は罰金をいただきます」ってやつも嫌い。なんでそこまでして注意深くパンフレットをみなきゃいけないの?って思ってしまう。

こういうことが嫌だから前もって何を知りたいか明確に提示して質問したのに案の定担当者は僕にいちいちキャンペーンの宣伝をしてきました。

結局料金プランとかキャンペーンとかモデムレンタルとかを説明されてもごちゃごちゃしてよくわからないので「で、いくらなんですか?」と聞くと「基本料金が7千円、こちらにモデムのレンタル料は含まれます。ネットも24時間つけ放題です。それにプラスして今ならキャンペーン中なので初期工事費が無料、プラス3ヶ月間基本料金がかかりません。。。。。。キャンペーン中は3ヶ月無料、キャンペーン後は月額7000円になります(早くそれ言ってくれよー)」

結局何回同じ質問をしてもだらだらキャンペーンについて話され時間を無駄にした気分になった。ネットのことがわからない人とか、キャンペーン好きの人ならそういう言い方でも良いけど、知りたいことがわかっているお客には質問に答えるだけの対応が良いと思う。


人気blogランキングへ
[PR]
by mies375 | 2006-01-09 13:14 | マーケティング
<< 巨匠 Louis Braille >>