<   2006年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

まにゅある

会社を立ち上げ、会社が軌道にのり、従業員も段々雇えるようになる頃には
マニュアルが必要だと思う。

というのも
”新入社員のA君が、プロジェクトを任されたが、OOについてよくわからなかった。

そこで、前に同じようなプロジェクトを担当して、同じような問題を抱え、解決したBさんというのがいるので早速A君はBさんに問題の解決策について質問してみた。

しかし、Bさんはどうやって解決したのか忘れてしまっていた。

結局Aさんは自分で一から考え解決した。ただ、解決するのに10時間がかかってしまった。
翌年、新入社員でC君がまたまた同じようなプロジェクトを任された。また同じような問題になり・・・・・・・・・・・・・”

なんてことがあったときでも、Bさんがどのように問題を解決したのかというマニュアルを作っておけば、マニュアルの量にもよりますが、30分くらいで解決できます。そしてそのマニュアルは、これから同じような問題を抱える度に活躍します。

しかもマニュアルのいいところは、社員が個人の能力に左右されず、必然的にある一定の能力を持つことができるということ。つまり、マニュアルの質しだいで社員の平均レベルをあげることができるということです。

僕はヘンなことは覚えているのですが、重要なことは結構忘れがちな人間なので何かあったときにはちゃんと記録に残しておかないとだめです。しかし、ちゃんと書いても書いたものを見るのを忘れてしまうのでそういったことを反省するためにも、、、、、
[PR]
by mies375 | 2006-03-19 03:53 | ビジネス